レーシックのデメリットは手術後の生活で制限があること

視力を劇的に回復することができる手術として、レーシックは非常に人気が高く毎年多くの人が治療をしています。

1度の手術と数回の通院だけで治療が完了するので、忙しい人でも時間を取ることが可能な手術です。

私も手術を2年前に行い視力が回復しました。

現在は大きな問題もなく生活できていますが、術後にいくつかの制限があり、それがデメリットに感じることがありました。

レーシック手術後の大きなデメリットの一つには、術後の運動制限が設けられることです。

レーシックは角膜の矯正を行う手術なので、術後に強い衝撃を受けると角膜に影響が出てしまいます。

そのためほとんどのスポーツは、術後行うことを禁止されてしまいます。

私はサッカーや水泳を行っていたので、手術後にはそれらのスポーツは禁止されました。

ほとんどのクリニックでは、術後約1カ月はスポーツを禁止していることが多いです。

約1カ月後の検査で特に問題がなければ、スポーツをする許可がでます。

私の場合、その他にもマリンスポーツの制限がありました。

趣味でサーフィンをしていたのですが、海に入るのは3カ月禁止されました。

もともとインターネットでは、1カ月と書いてあるサイトが多かったので確認しなかったので予想外でした。

友人がレーシックをした別なクリニックでは、1カ月の禁止だけだったのでクリニックによって違いがあるようです。

レーシック手術後での大きなデメリットはスポーツ制限ですが、それ以外にも手術直後に制限がありました。

また、最初のうちドライアイになる方も多いそうです。
レーシック後のドライアイの症状についてはこちらをご覧ください。

まず手術後はお風呂に入ることや、洗顔などが制限されました。

私は冬に手術をしたのでそれほどきにならなかったのですが、夏場などはシャワーも制限されるので注意が必要です。

また手術直後は、寝ているときに角膜がずれないように注意する必要があります。

これらの対策用に専用のメガネを貸してもらいましたが、慣れないため非常に不便な生活でした。

この制限は数日程度なので我慢できますが、手術を検討している人は時期にも注意することをお勧めします。

レーシックは視力回復の効果が高いですが、いくつか生活の制限でデメリットがあるので、手術する時期には注意することをお勧めします。

レーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴も参考にご覧ください。

もともとはアメリカなど欧米で盛んだったということなので、海外でのレーシック事情についてのサイトを用意しました。
是非ご覧ください。

Copyright 2011 目の手術.com All Rights Reserved.