レーシック手術後はお酒はだめ。

手術後は様々な副作用が出る可能性はあると思います。

病気全般に言える事ですが、お酒は絶対にダメです。

レーシック手術後は、目が充血をします。

それは眼薬で対処できます。

ただ、目の中で内出血をする可能性もあります。

ですので、一週間か十日はお酒は控えなければなりません。

お酒は少ない量ならばいいと、思いがちです。

レーシックとは関係ありませんが、普段、晩酌をしている人は麻酔が効きずらいと聞きます。

これを機に禁酒できれば良いと思います。

なかなかお酒の好きな人には難しい事ですが、私は、レーシックではないんですが、あるきっかけでお酒を辞めました。

レーシック手術後はドライアイにも気をつけなければなりません。

そのため目薬は用途に合わせて処方されると思います。

ただ、手術後は自分の目を鏡で見るとビックリするのではないかと思います。

処方された目薬をきちんと使用すれば、問題ありません。

わすれないように、記録をしておくことも大事かもしれないですね。

目に点眼したか、点眼してないか、わかりますからね。

私は、記録をしています。

お酒はある程度、目が良くなって医師からOKがでるまでは、我慢しましょう。

目の炎症がひどい場合があります。

その時は当然、お酒はダメです。

目の炎症は完治するまでに、時間がかかる事は多くあると思います。

私も、なかなか炎症が引かずに時間がかかりました。

目薬は言われたとおりに、点眼していたのですが、とても時間がかかったのをよく覚えています。

酒は一応一カ月ほど飲みませんでした。

炎症がひどくドライアイがとても怖かったからです。

やはり目の事ですから、何かあると怖いですから、一応、医師に言われたこと以上に気を付けました。

ですが毎日、鏡で顔を見てみると日に日に良くなっていくのがわかります。

だんだん良くなります。

手術後はかなりビックリはしましたが、良くなっていくものですね。

飲酒はしない方が本当は良いと思いますが、気をつけましょう。

レーシック手術の流れや失敗例についてかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

Copyright 2011 目の手術.com All Rights Reserved.