良い印象を与えたかったのでレーシック手術を受ける

現在大学を卒業し、働き始めて二年目を迎えていますが、この企業に入社出来たのはレーシック手術を受けまして、自信を持てたからだと考えています。

私は小学生の高学年になった頃から視力が悪くなりまして、あまり掛けたくなかったのですが、親から強制されたことで眼鏡を利用するようになります。

その後は一度コンタクトレンズを試みましたが、眼にフィットしている感覚が無かったので、使用を止めてしまったのです。

眼鏡での生活は大きな問題があった訳ではありません。

学校の勉強においては、どこの席であっても板書した文字や数字を認識することは可能です。

また私は部活を行っていたのですが、そのために通常よりも頑丈なフレームの眼鏡を購入したので、競技に大きな支障はありませんでした。

それでも自身の眼鏡を掛けた姿を見ると、気分は若干憂鬱になります。
以前、眼鏡を掛けて普通にしていると、怒っているような印象を与えたことがありました。

今では大切な友人ですが、初めて出会った時は、怒ってるように見えたので話し掛け辛かったと言われた経験があるからです。

そんな私も大学生になり、就職活動を行う時期を迎えます。

履歴書用に写真を撮影したのですが、明るい表情とは言えません。

やはり眼鏡を外したいと考えていた時、眼鏡を掛けていた友人がレーシック手術を行ったのです。

以前よりも明るい印象を持ちました。

これがきっかけでレーシック手術に興味を持ち始めます。

レーシック手術とは眼の角膜を切開し、レーザー照射によって角膜の屈折力を変更して視力を矯正するものです。

レーザー治療なので誰でも受けられるものではありません。
評判が良さそうなクリニックを発見したので、まずは手術を受けられるかの判断としてレーシック手術の事前適応検査を受けました。

検査結果は良好だったので、レーシック手術を受けました。

術後は検査に数回通いましたが、全く問題ありません。

視力が回復して眼鏡が不要になった自身の顔は、とても明るい表情に感じました。

レーシック手術によって前向きになれたことで、自信を持って就職活動に取り組んだ結果、第一志望の企業へ採用して頂きました。

また、こちらのサイトhttp://tcbyct.com/2.htmlではレーシック手術の全欧について詳しく書いてあります。

Copyright 2011 目の手術.com All Rights Reserved.