レーシック手術をして世界が変わった

私は、昔から目が悪かったのですが、去年レーシック手術を受けました。

私の両親も目がもともと悪いせいか、私は小学校の低学年くらいから徐々に目が悪くなっていきました。

最初のうちは自分でもあまり目が悪くなっていることに気づいてはいなかったのですが、学校健診の視力検査で引っかかり、再検査の用紙をもらったのがきっかけで、生まれて初めて眼科に行きました。

眼科で精密検査を受けたところ、近視だと言われて、視力は0.8ほどでした。

メガネを掛けていなくても、日常生活はそれほど不自由なく可能な状態でしたが、学校で授業中に黒板を見たりするときに、真ん中よりも後ろの座席からでは黒板に書かれている文字がぼやけてしまって見えづらくて、不自由になっていたので、座席を前の方にしてもらうなどの配慮だったり、あるいは授業中のみメガネを掛けるなどの工夫をしなければなりませんでした。

小学校の間は、そこまで視力の低下は進行していかず、メガネを掛けるのは授業中のみで済んだのですが、その後、中学校に入ってからは、どんどん視力の低下が進んでいき、ますます見えづらくなっていったので、授業中以外の時間も、メガネを掛けなければならなくなりました。

中学生くらいになると思春期に突入して、自分の見た目が非常に気になるようになってきたので、私はメガネ姿の自分がなんだか非常にみすぼらしくて、冴えないように見えて嫌でした。

そのため、中学校三年生の時にメガネをやめてコンタクトレンズにしたのですが、装着が苦手なこともあり、コンタクトレンズの着脱には私は他の人よりも時間が掛かってしまい、少しわずらわしさも感じていました。

そんな時に、私のお兄ちゃんがレーシック手術を受けてすごく見えるようになり、して良かったと言っていたので、思いきって私も去年、レーシック手術を受けることにしました。

レーシックのメリットは日帰り手術が可能で、入院などの時間があまりなくてもできたので良かったです。
成功率が高く短時間で行うことができるので人気のレーシックですが、失敗が全くないわけではありません。
レーシック手術の失敗例や失敗したときどうするのかについてこちらにかいてありますので参考にしてください。

Copyright 2011 目の手術.com All Rights Reserved.