レーシックの安全性について思ったこと

私は高校生時代に夜遅くに携帯電話をいじったり、目に悪影響な生活を送っていたため、1.0以上あった視力も0.1以下まで下がってしまいました。

授業などでは、前の席でも黒板が見えなく、ノートをとるのに不便だったため、授業の時のみメガネをかけていました。

しかし、社会人になって、普段の生活の中でも視力が悪いと仕事にはならず、不便なことが多くあったので、コンタクトレンズにすることにしました。

コンタクトレンズははじめてで、はじめのほうは痛みなどもありましたが、見た目を変えることなく、自然に視力を補助することができたのでとても満足していました。

しかし、最近になって、目元がゴロゴロするようになったり、コンタクトレンズにかかる料金をどうにかしたいと思い、テレビや雑誌などで話題を呼んでいるレーシック手術を受けることにしました。

レーシック手術は最近になって話題になっている視力回復のための手術で、目そのものの視力を回復することができます。
レーシック手術で視力が回復する仕組みはこちらにかいてあります。

裸眼で遠くのほうでもしっかりとみることができたり、ぼやけていた視界がはっきりと見えたりと、レーシック手術をしてよかったという声は多く聞きます。

そういったレーシックの口コミの多さもあり、レーシック手術を受けることにしました。

レーシック手術といえば、その安全性がとても気になるところです。

インターネットには、危険を訴えるページも多くあり、その後遺症や、危険性などが多く掲載されています。

また実際に失敗してしまい、眼科などへ診察を受けにいく方も多くいるそうですが、
レーシック手術の失敗率は1%程度と低いそうです。

私は、そういったことを踏まえながらレーシック手術を受けましたが、失敗することなくしっかりとした視力回復をすることが出来ました。

今までメガネとコンタクトレンズを使い分けていた日々を考えると、裸眼でいろいろなものがしっかりと見えること、目に対する負担も少なくなったことを考えると手術をうけてよかったと思います。

今までコンタクトレンズで目にゴロゴロとした違和感を感じていましたがそういったことも解消できたのでよかったです。

また気になるレーシック難民について詳しくはhttp://www.bardtix.org/refugee.html

Copyright 2011 目の手術.com All Rights Reserved.