レーシック手術後プールの許可はどのくらいで出るのか

スイミングスクールのプールに通っているのですが、視力が悪くて、不便があるし、実生活でも、コンタクトや、眼鏡生活から脱出できるならば、レーシックを受けて、コンタクト眼鏡からサヨナラしたいのです。

そのため、レーシック手術跡、どのくらいで、プールに入ることができるのかクリニックに聞いてみました。

術後のプールについては、経過に個人差がありますので、基本的に術後の定期検査の診断結果に基づき許可が出ることになっています。

一般的な目安として、汗が目に入るような、ジョギングや軽い運動は1週間後から、直接目に衝撃が及ぶ可能性があるような、激しい運動は、1か月後から可能になっております、たとえば、術後1週間で許可の出るスポーツは、ゴルフ、ジュギング、エアロビクス、ヨガ、スポーツジム、温泉、サウナです。

1か月後は、サッカー、野球、スキー、サ-フィン、剣道、そして水泳(プール)です。

海水浴を含む、水泳に関しては、一般的には手術後1か月から、可能になります。

制限の理由としては、眼球に水が入ると、感染症を引き起こす、可能性があるので、感染症を防ぐために、1か月後と期間を設けているのです。

手術後、ゴーグルが必要というわけではありませんが、プールの水の中の塩素自体は、目にとって良いものでなく、塩素自体の毒性により、角膜や結膜に刺激を及ぼし、炎症が起きる可能性があるため、塩素が入ったプール等を利用された後は、目を洗ったり、点眼薬を使用するなど通常と同じように気を付けていただき、目のケアをしていただく必要があります。

詳細については、レーシック手術を行うクリニックに相談されたほうが良いです。

やはり、レーシック手術により眼球が気づ付けられた後は、感染症や後遺症が気になりますので、プールはしばらく、避けておいた方がよさそうです、感染症や、後遺症を引き起こしてしまうと、1か月以上あるいは一生、目にハンデを追わなくてはいけなくなりますから。

Copyright 2011 目の手術.com All Rights Reserved.